審査について

日本各地の取り組みを広く審査の対象とします。組織や活動の規模は問いません。以下の視点を軸に置きつつ、社会・地域への思いや創意工夫を凝らした点などを含め、総合的に審査します。応募項目に記入する際は、以下の視点を織り交ぜながらご記入ください。

This is MECENAT 審査会・審査ポイント

どのように「芸術文化を通じた豊かな社会創造=メセナ」活動に取り組まれているかという観点から、下記ポイントにて審査します。

1. 位置づけ
企業としてメセナ活動をどのように位置づけているか
2. 主体性
プロジェクトの企画・運営に主体的に取り組んでいるか、他団体と連携するプロジェクトの場合でも主体的に関与しているか
3. 視野
活動の幅広い展開や、継続の意欲や可能性があるか

This is MECENAT 審査会・審査ポイント

毎年、This is MECENAT 活動の中から、認定の翌年度に特に優れた活動7件(目途)をメセナアワードにて選考します。※エントリーは任意です

【大 賞】・・・メセナ大賞(1件)

【優秀賞】・・・活動の特長が反映された賞名(5件)

1. インパクト・貢献度
芸術文化および社会に与えるインパクトや貢献度が高い
2. 関与度
活動を通じて社会・地域と深く関わっている
3. 独自性
経営資源をメセナ活動に活かす工夫をしているなど独自性がみられる
4. 継続性
活動に継続的に取り組んでいる、または活動の展開に意欲的である

【特別賞】・・・文化庁長官賞(1件)

自社の強みを活かしながら、自治体、公益法人、NPO、学校や社会福祉法人等の外部の団体と連携し、国民(地域住民、子供たち等)の社会参加の機会をひらく取組、新たな文化的・経済的な価値を創出する取組、日本文化の海外発信に貢献する取組。

審査委員

This is MECENAT とメセナアワードは同じ審査委員によって行われます。
委員長
萩原なつ子|立教大学・教授/(認特)日本NPOセンター代表理事
明治学院大学文学部、同社会学部卒業。お茶の水女子大学大学院修士課程修了。博士(学術)。(財)トヨタ財団アソシエイト・プログラムオフィサー、東横学園女子短期大学助教授、宮城県環境生活部次長、武蔵工業大学助教授等を経て、現職。専門は環境社会学、開発社会学、消費者教育、ジェンダー研究、非営利活動論。
新井鴎子|横浜みなとみらいホール館長、東京藝術大学COI特任教授
東京藝術大学楽理科および作曲科卒業。NHK音楽教育番組の構成で国際エミー賞入選。 これまでに「題名のない音楽会」等の構成を担当。東京藝大にて「障がいとアーツ」の研究に携わる。著書に「おはなしクラシック」、「音楽家ものがたり」等。東京藝術大学COI特任教授、東京大学「先端アートデザイン分野」アドバイザー、洗足学園音楽大学客員教授、横浜みなとみらいホール館長。
佐倉 統|東京大学大学院情報学環 教授
理化学研究所革新知能統合研究センターチームリーダー
1960年東京生れ。京都大学大学院理学研究科博士課程修了。理学博士。科学技術と社会の関係を進化論的に研究考察中。主著に『科学とはなにか──新しい科学論、いま必要な三つの視点』(ブルーバックス)、『「便利」は人を不幸にする』(新潮選書)、『おはようからおやすみまでの科学』(ちくまプリマー新書)など。
撮影:青木 登
中島信也|株式会社東北新社代表取締役社長/CMディレクター
1959年福岡生まれ大阪育ちの江戸っ子。武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン学科卒。デジタル技術を駆使した娯楽性の高いCMで数々の賞を受賞。武蔵野美術大学客員教授(情報デザイン学)、金沢工業大学客員教授(メディア情報学)。
仲町啓子|実践女子大学教授/秋田県立近代美術館特任館長
東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位修得退学。専門は日本近世美術史。特に琳派や浮世絵研究を専門とする。実践女子大学香雪記念資料館長を兼任し、女性画家の作品の収集・研究・展示も行う。
山口 周|独立研究者、著作家、パブリックスピーカー
電通、ボストン・コンサルティング・グループ等で企業戦略策定、文化政策立案、組織開発等に従事した後に独立。現在は、独立研究者、著作家。著書に『ニュータイプの時代』『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?』『ビジネスの未来』など。
尾﨑元規|企業メセナ協議会理事長
1972年花王石鹸株式会社(現花王株式会社)入社、化粧品事業本部長、ハウスホールド事業本部長を歴任し、2002年取締役執行役員、2004年代表取締役社長執行役員、2012年取締役会会長、2014年退任。公益財団法人新国立劇場運営財団理事長、野村證券株式会社社外取締役、本田技研工業株式会社社外取締役、カシオ計算機株式会社社外取締役。
歴代の委員はこちら